スマートマーカーで何ができるの?

最新のホワイトボード・データ化ツール。
今お使いのホワイトボードに書いたすべてのものを
保存・共有することが可能です。

スマートマーカー

eBeam smartmarker

今あるホワイトボードにセンサーを取り付けるだけで、電子黒板にできるツールです。端末に保存し内容を共有したり、OCR変換等のデーター編集が可能です。

カタログ
会社で…
会議で使ったホワイトボードの内容を、自動でデータ化。遠隔地からでもホワイトボードの内容が把握できます!
工場で…
言葉での説明が難しい、図面の解説。ホワイトボートで図解しながらお互いの端末で相互やり取りが可能
学校で…
先生が書いた内容を生徒のタブレットにリアルタイム配信。板書の必要がなく先生の説明に集中できます!
塾で…
塾で先生が書いた内容を自宅にいる生徒の端末で見れる
病院で…
患者さんの病状を考察する際、ホワイトボード説明した内容を遠くの病院とも共有できます。
カンファレンスの内容としても保存できます。
デザイン
事務所で…
大きなホワイトボードの盤面でブレストした後は、アイデアを電子化。
デバイスで持ち歩けば、新しいアイデアにも繋がります。
スマートマーカー お問い合わせ

① センサーをホワイトボードに取り付ける

お手持ちのホワイトボートにセンサー(裏面磁石)を取り付け、電子ペンで書くだけ。
記録・保存・配信・共有・複数端末へのライブ配信が可能です。

② 専用アプリ「eBeam Marker」をインストール

無料のアプリをダウンロード・インストールしてご活用ください。
アプリはあらゆるデバイス、あらゆるOSに対応。

  • Android端末 → Google play から「eBeam Marker」を検索
  • iOS端末 → Apple Store から「eBeam Marker」を検索
    Mac → Apple Store から「eBeam Marker」を検索  

  • Windows → https://www.luidia.com/apps/から
     「eBeam Marker」をダウンロード

③ ホワイトボードに書いたデータを保存

メモリモードでホワイトボードに書いたものすべてを保存します。(20,000ページ)
付属のUSBコードでパソコンにつなぐと画面で文字の追記や削除、色の変更や図形の編集が可能です。

④ デバイスにデータを共有(ミーティング機能)

BTモードはBluetoothでペアリングした一台が配信ホストになり、インターネットを経由して無制限の端末に配信可能です。世界中のありとあらゆる場所でリアルタイムにホワイトボードに書いた内容を動画の様に配信します。
EvernoteやDropbox、GoogleDriveなどのクラウドサービスからFacebookやTwitter・LINEなどのSNSなどでも共有可能。もちろんメールで添付もOKです。

スマートマーカーの仕様

●製品の寸法、重量

  • 電子ペン長さ158mm×太さ20/30mm 重量52g
  • センサーW42×H200×厚み15mm 重量108g
  • 収納ケースW213×H77×D93mm 重量610g
  • イレーザ80φ×高さ50mm 重量90g(電池別)
  • 箱の大きさW200×H230×D85mm 重量1300g

●セット内容

  • 電子ペン(黒)・センサー・電子イレーザー・USBレシーバー(ドングル)
    ボードマーカー(黒12本)・充電用収納ケース・USB充電コード
    ACアダプター・単3電池(電子イレーザー用)・ユーザーガイド
    クイックスタートガイド
HOME | サイトマップ | プライバシーポリシー | リンク | Copyright(c) 2017."日本統計機株式会社” All Rights Reserved.